STUDIO NAKATANI

Land E.L.H.

Street Light

E.L.H. for Landscape

一般的な屋外用ポール灯より低位置(3m)から照らす事を前提に設計された景観照明用器具。
低位置から照らす事により照明効率やメンテナンス性の向上等様々な利点も生まれるが、照射範囲が狭くなると言うマイナス面も生じる。 そのため、それを補うための効率良く横方向に光の広がる楕円配光のデバイドミラーを装備している。
また、街路樹より低い位置に設置されるため、上部の半透過セードからも拡散光を放ち、樹木をやわらかく照らすようにも考慮されている。

KOIZUMI   2003